リベラルアーツ5学園

リベラルアーツ5学園
学習院大学 / 成蹊大学 / 成城大学 / 武蔵大学 / 甲南大学 / 学習院女子大学

総合的な人間力を養う“リベラルアーツ”の伝統を受け継ぎ、現代に発展させてきた5つの学園。
旧制高等学校をルーツに持つ、それぞれの大学の魅力を感じてください。

各界のリーダーを輩出した旧制高等学校

 グローバル化が加速する現代社会。次代の担い手を育てる大学教育には、国際ビジネスの現場はもとより、社会の仕組みづくりをもリードできる人材の育成が求められています。そうした背景を受けて、総合的な人間力を養うリベラルアーツ教育への関心が高まっています。
 日本で最初にリベラルアーツ教育を行ったのは、旧制高等学校です。旧制高等学校は、かつて明治から昭和初期にかけて存在した教育機関で、現在の高等学校とは全く異なるものでした。当時、教育機関の頂点にあったのは帝国大学(現・東京大学など)です。この時代の帝国大学は官吏や研究者を養成する学府として位置づけられており、明治維新以来、国として発展していくためのリーダー育成が行われていました。旧制高等学校は、帝国大学への入学が実質無条件で認められており、帝国大学の予科として、「教養教育」と「語学教育」を中心とした接続機能を担いました。現在の私立でその役割を担っていたのが、学習院・成蹊・成城・武蔵・甲南の5学園です(当時、学習院は官立)。

詳しく見る

旧制高等学校のDNAを、次世代を担う学生に

 近代化の真っ只中にあった明治から昭和初期は、日本が大きな「変化」を迫られた時代でした。それまでの経験則だけでは対応が困難な混沌とした時代の中で、教養をバックボーンに各界を牽引する強いリーダーシップを発揮できる人材を育てた旧制高等学校は、現代の教育につながる深い足跡を残しています。旧制高等学校から新制大学へと移行したあとも、教養を伴った専門性、革新を生み出す判断力と、グローバルに生き抜くためのコミュニケーション力の育成など、伝統的なリベラルアーツの考え方は、いまも変わらず脈々と受け継がれています。
 これからの時代、どんな専門分野においても教養なくして人々の心を動かすようなイノベーションは起こせません。つまり、リベラルアーツとは「人を幸せにするための総合的な人間知」といい換えることができます。教養重視へと転換し、大学によって特色のある方針が打ち出されているいまこそ、歴史に裏打ちされた“リベラルアーツの伝統”という視点で大学を俯瞰してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

大学一覧

【各大学のオープンキャンパスは、いずれも予約不要・入退場自由です】

●大学情報をクリックすると、各大学サイトへジャンプします。
●「▶マークのある画像」をクリックすると動画が再生されます。
大きな画面で見る場合は、右下の「YouTubeマーク」をクリックしてください。